ワークフローシステムでスムーズに業務を進めていこう

メンズ

意識を変える

メンズ

ストレスチェックが義務化されたことで、企業は自社の従業員のメンタルヘルスの不調をいち早く見抜いて対処することが期待できます。国内では自殺者が毎年3万人以上も出るといわれており、その原因として、労働者のメンタルヘルスの不調による問題が挙げられていました。そのため、国として解決方法を求める声が増加しているのです。今回、ストレスチェックが設けられたことで、早急な解決とはいえなくても、大きな前進といえる対策になります。50人以上が働く中規模から大規模な企業であれば、今後毎年ストレスチェックを行う必要があります。もちろん正社員だけではなく、パートタイマーやアルバイトスタッフもすべて対象となるのです。50人未満の従業員が働く企業は対象外になっていますが、もちろん関係がないというわけでありません。小規模の企業でも、努力義務として、積極的にストレスチェックをすることが望まれているのです。労働者は、ストレスチェックの質問票に、自分の状態を記入していくことで、そのストレス具合をチェックすることができます。集計結果を元に、個別に対応していくことになるでしょう。ストレスが高いと判断された労働者は、医師による面談が必要な場合もあります。また、根本解決としては、労働環境を改善する必要もあるでしょう。そのためには、周囲が一丸となって職場の環境づくりに取り組むことが重要になってくるはずです。従業員の意識を変えるためにも、ストレスチェックを行うことは、ストレスの問題を認知させることになるので、有効な対策だといえます。