ワークフローシステムでスムーズに業務を進めていこう

男性たち

意識を変える

メンズ

ストレスチェックが義務化されたことで、企業は自社の従業員のメンタルヘルスの改善に取り組むことができるはずです。実際に働くスタッフが協力しながら、働きやすい労働環境を整えていくことが大切になってきます。

View Detail

事前にリサーチ

オフィス

ワークフローシステムの導入の際には、販売業者を 比較して選定することが大切になってきます。どのような機能が搭載されているのか、機能は追加できるのか、サポート体制は万全かといった着眼点で見極めましょう。

View Detail

新システムを取り入れる

男性と女性

ワークフローシステムを導入するメリットについてリサーチしていきましょう。これまでの一般的な企業のスタイルとしては、申請する書類については、上司など関係者に提出して、直接判子を押してもらう作業が必要でした。申請書類は、パソコンのソフトでそれぞれ作成して印刷する必要があるため、手間もコストもかかることが企業にとっては問題だったのです。紙ベースで申請書類を提出する企業の他には、メールで申請書類を添付して申請するかたちを採用している企業もあるといいます。しかし、メールであれば、これまでの申請した書類を探すことに手間もかかりますし、紙ベースの申請スタイルに比べれば、多少は便利になっていますが、効率化が劇的に進んだともいえない状況です。しかし、ワークフローを導入してシステム化すれば、業務が驚くほど効率化するといいます。まず申請書類は、書き換えられたり、形式や様式自体も変わっていくものです。ワークフローシステム上であれば、どの書類が最新版かも一目瞭然のため、正しい書類を探し出す無駄な作業も発生しません。また、承認者が社内に不在でも、タブレットやスマートフォンからでも承認することが可能になります。承認者の出社を待っての決裁をする必要もなく、急な決裁が必要になった場合でも、スムーズに承認作業を進めることができます。もちろん、書類の管理も便利で、過去の書類を呼び出すことも簡単にできるのです。ペーパーレス化でコスト削減が期待できるのも、大きなメリットだといえます。

便利な機能

チャット

チャットツールを活用する企業が増えていますが、具体的にどのようなメリットがあるのかみていきましょう。チャットシステムにある便利な機能としては、タスク管理などが挙げられます。

View Detail